大高勇気の人生が創り出したChineseLife

20年間育てて頂いた日本の地を離れ、
2002年8月25日に大高勇気のフィールドを中国に移した。
全ての物語はこの日から始まりました。。。


それから11年の月が経過して今日2013年8月25日。
私は毎日大切に1日1日を生きています。
毎年しっかりとした目標や目的を持ちながら歩いてきました。

11年の月日で本当に多くの大切な人達に出会いました。
中国では本当に親しい人を「家族」と呼びます。
私には家族と呼べる人達が本当にたくさんいます。
皆さんの寛大な愛に心から感謝すると同時に、
その愛に答えられるような立派な人間になるように精進しました。

中国で会社を経営しながら、
多くの大変な事や難しい事にぶつかりました。
決して楽な道を歩いてきた訳ではありません。

騙されたことも裏切られたことも、
解決できない問題が起きたこともありました。
これは私を成長させる為に起こった事と思っています。

日本には「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉がありますが、
今の世の中で買ってでもしようと思う人はいないと思います。
私もその一人です。買ってでもしたくないです。(^^;)

社長業を通じて感じたのは、
買ってはないのですが、買わされている状態だと気付きました。
社員のミス、取引先のミス、物流業者のミス、思い通りにいかないこと。
本当に数えきれないほど起こりました。。。

ただ、この全てに感謝をしています。
物事が起こることは偶然ではなく、必然だと考えているからです。
「買わないなら、ほら取っておけ」と神様に言われた感じです。(苦笑)

予想をしていない事が起こったりします。
順調だった事も一気に状況が変わります。
これを楽しめなければ確実に「ウツ」になると思いました。
中国では大きな「器」が必要だと学ばせて頂きました。

これからも中国を中心として経営者をしていきます。
経営者をしながら預けて頂いた大切な社員を育てていきます。
そして育てた社員は社会に羽ばたきより価値のあることをする。
これが私の社員教育の根本にある事です。


私は社員に時にメチャメチャ厳しく、時にちょっと優しい。
というスタイルで社員教育をしています。
日本でいうゆとり世代の子供達と中国の卒業生は同じ感じです。
厳しい事を言われれば次の日には、出社しない社員もいます。

それは目的地が見えていないからです。
社員教育の根本には「目的地」を決めてあげる事が大切です。

大切な事は縦軸と横軸です。
どの高さまで?
いつまでに?

この質問しかしません!
ただこの質問を突き詰めてしていきます。尋問のように。(^^;)
ここが見えれば人の成長や目的はブレが非常に少なくなります。
適材適所という言葉がありますが、これは現在を見ての話です。
私は将来の適材適所や経営者として人材教育をしています。

弊社では女性しか雇っていません。
女性は未来お母さんとして子供を育てなければいけません。
育てる時に必要なことを会社で身につけてもらっています。

社員の賄いにも私と同じように「ベジタリアン」のような食事です。
肉ばかりを食べてきている方からすれば最初は不満だらけです。
本当に体の事を考えて食事をするという事にフォーカスすると、
野菜中心が良いと考えております。

将来お子さんを出産する時に、
健康な身体でいる事というのが非常に大切だと感じています。
お子さんを産む時にお母さんは最高のデトックスをします。。。
お母さんの良くないものはお子さんにパスしてしまいます。。。

未来のことを真剣に考え、
今できることをしっかりと行っています。
それが将来後悔しないための唯一の方法だと思います。

最善を尽くす。
この一言に尽きると思います。

中国で学ばせたことの一部を書かせて頂きました。

現在執筆をしています。
来年自分の本が出版できるように努力しております。
自分の夢を実現するために毎日を大切に生きています。
それが大高勇気の生き方です!

今日は広州社員と一緒に食事会をします!
日頃の感謝を社員に伝えさせて頂きたいと思います!
本日のみ広州店舗の営業は18時までとさせて頂きます。

皆様の毎日が充実して、
最高の一日を過ごせるようになる事を心から願っております!!
心からの感謝を込めて
                ChineseLife代表:大高勇気




大高勇気が感動したサプリメント

中国広州中国茶館 広州と上海の店舗情報はこちら!

CL中国茶スクール 日本各地でお茶会を展開!

中国茶・中国茶器のチャイニーズライフ中国茶通販 大高勇気が魂を込めた中国茶を販売しています!

大高勇気VIDEOの紹介

大高勇気メルマガ

中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

このページの先頭へ